水田周りの植物や水生昆虫

少し前までは冷え冷えとして暖房器具を使っていた気もするが、桜が咲き、そしていきなりの夏日とちょっと驚くぐらいに季節が進んでいる。
田んぼも田おこしが始まり、水が張られたり、田植えが行われているところも見られるようになってきている。
そんな中、田おこしされた場所の端っこで見つけたのがミズニラ

昨年、別の場所ではうまく見られなかったものだ。
少し離れたところにはもう少し育った株

田植えが始まれば退けられてしまうのだろうが、まだまだあるとこにはあるのが確認できた。
まだ時期が早いのか、めぼしい水草などは少なめ。水が張られて少し経てばいろいろと出てくるだろう。
若いサジオモダカ

これも水張り前の場所であった。

山間にある田んぼでは、山側の裾に溜まりがあったりする。

不用意に足を踏み出すと、一瞬で膝まで泥に潜ってしまうので要注意ではある。
ぱっと見はオタマジャクシだらけ。
でもその中で

オタマジャクシを食べようと奮戦するアカハライモリ。
焦れったくなるほど下手くらしかったが…なんとか捕まえていた。
別のとこでは日向ぼっこ中

近くの草の上にはタイコウチ

最初は枯葉かと思った。
泥のついた体を乾かしているようだった。
そして王者タガメ

なんとか出逢うことができた。農薬などが使われると、たちどころに消えてしまう。
こうした生き物が見られる環境は、本当に大切なものだと改めて感じたものだ。

水辺の植物や水生昆虫はこれからが本格シーズン。出かけた先で水辺があったら、ちょっと覗いて見てはどうだろう。

水田周りの植物や水生昆虫” に対して1件のコメントがあります。

  1. 川上英樹 より:

    タガメすごい!まだ居るんですね(^-^)
    タイコウチはまだ見かけますが。タガメはもう30年近く見ていません(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です