多肉植物 エケベリア

 多肉植物の中でも特に人気の高いグループである。

中央アメリカやメキシコなどに広く分布するため、多くの種類が知られているが、栽培下での交配も盛んに行われ、新たな園芸品種が次々と紹介されているのも人気の一因である。

パイプのような葉をしたエケベリア トップシーツルビー


細かな毛が密生するエケベリア 白兎耳

 基本的には丈夫で栽培も容易。気温の安定する春や秋の時期に生育する。日照不足は大敵なので、十分に陽の光に当てることが大切である。水やりは控えめの方が締まった株を作ることができる。与え過ぎると徒長したり、ひどくすると根腐れを起こしてしまうこともあるので、常に用土が湿っているような状態は避ける。
 耐寒性の強い種は冬でも屋外での育生が可能。

屋外で無造作に植えられていたエケベリア七福神。真冬でもこのまま元気であった。

基本的な姿は、肉厚な葉が規則的にロゼットを形成するものだが、葉の色合いや形状もバリエーションに富んでおり、コレクション性の高いグループでもある。


赤黒い色合いをしたエケベリア アフィニス


やや幅広で明るい黄緑をしたエケベリア レモンツイスト


緑と黒という組み合わせのエケベリア 黒助

とにかく種類が多く、集めだすとキリがないのが悩ましい。ただ、次々と新たな品種が紹介される反面、以前はよく見た種が見かけなくなっていることもある。


ピーシーズでは、観賞魚、水生生物だけではなく、多肉植物の本も出版している。


どちらもこのホームページからでもAmazonからでも購入いただける。多肉植物の魅力を出来る限り紹介したつもりである。ご興味のある方は是非、一度、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です