ゴーストザリガニ 卵から孵化

相変わらず警戒心バリバリのメス

石を動かし、穴倉を作って収まっている。
2月3日に産卵し、ひと月ほど経ったところで卵の変化は確認していた。
そこからさらに一週間ほど経過し、どうやら孵化したようだ。
ただ、なかなかその姿をしっかり見せてはくれない。
こちらが水槽の前に陣取るとハサミを振り上げて威嚇してくる。
すると、起こした体の奥に子供の姿が

そして穴倉拡張作業中に後ろから

ヒゲも見えており、もう一度脱皮して、親から離れ出すのも間近だろう。

昼間はだいぶ暖かくなるようにもなり、先日の大潮の後には別個体も産卵

この個体はまだ7センチ程度と小さいのだが、しっかりと抱卵した。

先に産んだ個体の卵よりも色みが濃い印象であった。

二番目に抱卵した個体の卵は無くなってしまった。
受精率が悪かったのか?水が汚れていたか?もしくは産んですぐに移動などをしたからか?
いくつか原因は思い浮かぶものの、はっきりとはしない。
その辺りを意識して後のを管理したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です