ゴーストザリガニの脱皮

なかなかそのシーンに立ち会えてはいないのだが、大きめの個体も無事に脱皮をしている。
10センチほどのオス

右手がほとんど真っ白な個体で、変化するかと期待していたのだが、そこは脱いでも白いままであった。
体はやや赤みが強くなった感じである。

こちらは9センチのメス

ハサミが赤、体の青に白と三色カラーであったが、脱いでみると体はオス同様に赤みが強くなり紫色っぽくなった。
そしてハサミは赤から青へと完全チェンジ。

様々な色合いがゴーストザリガニの特徴であるが、こうした成長に伴う変化も楽しめるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です