ヤドカリも脱皮

先日紹介したヤマトホンヤドカリ現在の姿

前と違うのがわかるだろうか?
ハサミや歩脚の色合いが鮮やかになっているのである。
甲殻類であるヤドカリも、ザリガニ同様に脱皮をして成長する。

この個体も、その瞬間を観察することはできなかったが、脱皮をしたことで外殻が綺麗になったのである。

脱皮殻

こちらはザリガニの脱皮殻

大きく違うのは腹部の殻の部分。
どちらも頭胸部と腹部の間から古い殻を脱いでいく。
しっかりと腹部の殻もあるザリガニに対し、ヤドカリは歩脚の辺りまでしかはっきりとしない。
これはヤドカリが巻き貝の中に入っている腹部の部分が殻がなく、柔らかな状態であるため。

成長には脱皮が欠かせないヤドカリやザリガニたち。
その瞬間が一番弱いため、外敵だけでなく仲間にも襲われてしまうので、混泳や複数飼育の際には気をつけたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です