磯でイカに会う

潮の引いた磯をライトで照らしていると、なにか小振りな塊が横切る。
よく海藻の切れ端などが漂っており、紛らわしい思いをするのだが

ミミイカであった。
脚を伸ばしても10センチにも満たない小型のイカで、丸い体にダンボの耳のような大きな外套膜を持つ。

水底に沈むと、さっと体色を変える。

保護色なのだろうが、ライトが当たるとターコイズグリーンに輝き、なんとも美しい。再び泳ぎだすと、波間に消えていった。

他にもいつものタコやアナバゼ、ギンポにタカノハダイなどそれなりに見られたが、ダンゴウオは今回も会えず。
ワカメやヒジキはあるのだが、ウミウチワはさっぱりないという状況であった。

それでも

ゴンズイが撮れたのでよし

茶褐色の体に黄色のラインが目立つ。
愛嬌のある顔でもある。

ただし、ヒレには毒のある棘を持つので、取り扱いは要注意な存在である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です