ゴーストザリガニの成長

ゴーストザリガニの稚ザリガニ

サイズはまだ2センチほど。まん丸の黒い眼が可愛らしい。

活発に動き回り、四六時中食べている印象だ。
アナカリスの上にちょこんと乗る

が、乗ってるだけでなく草をついばんでいる。

こちらは人工餌料を抱えている

明らかに大きな餌だが、しっかりと抱えて他の稚ザリに渡さないようにしている。

他の稚ザリガニが近づいてくると、ぐわっ

威嚇したり、つかみ合ったりする。
稚ザリガニ飼育のネックでもある。
数が入っていれば、こうした絡みの動きも観察できるのだが、脱皮の際に襲われると大ダメージを受けたり、柔らかいので食われてしまったりする。
しっかり育てるためには1匹ずつ個別にした方がよい。

この稚ザリガニはタイゴーストではなく、日本産ゴーストの子供たちである。ぱっと見は白ザリガニ風だが、やや透けた色合いでもある。

なんとなくの色違いも見える。
せっかく個別にするのだから、成長過程での色変化などを個体毎に追ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です