パキフィツム

卵を横にして潰したような肉厚な葉を持つパキフィツム。
丸みの強いものや反り返ったもの、鋭角なエッジを持つものなどバリエーションがある。

星美人

代表的なoviferum種。本種のバリエーションがさまざまな名をつけられている。

三日月美人

桃美人

葉の形や先端の色づきなどの違いがあるが、株の状態によっても変化することがあるので、タグはしっかり管理しておきたい。

葉の表面を白い微粉が覆うことも特徴で、そのおかげで光の当たり方によって青白いような独特なツヤツヤとした光沢を見せる。ただし、この微粉は簡単に剥げてしまうので、注意したい。

そして花も特徴的である。
まるでバナナの房のようなつぼみ

この花芽はどんどん伸びていく。
株から10センチほども離れて開花

鮮やかな花が数日かけていくつも咲いていく。

丈夫な種だが、耐寒性はさほど強くないのでこの季節は陽当たりの良い場所で乾燥気味に管理しておく。
一番注意したいのは、葉の粉を落とさないようにすること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です