黒だけど派手な黒ラメ幹之

ラメ幹之が2012年に紹介された。虹色素胞のグアニン層が鱗辺に集まり、キラキラと輝く体を見せるメダカは、高い注目を集め、多くの愛好家が飼育し、他の品種との交配も進められた。青幹之、白幹之に続き、ブラック系の品種との交配で黒体色のラメ幹之が作出された。

初期の頃の個体

ラメも小さく数も少なかったが、黒体色のラメはそれだけでも魅力的な姿であった。
その後、岡山県『静楽庵』よりオーロラ幹之から導かれた黒ラメ幹之が発表され、ラメの数も増え、大きめのラメ鱗は様々な色合いを見せる多色の姿で人気に火がついた。
今では多くの黒ラメ幹之がこの血統を受け継ぎ、特徴を伸ばしている。


背面を覆うようにラメ鱗がびっしりと入る。

ラメの輝きは光の当たり具合によっても変化し、その多色さはまさに虹色のような表現を見せる。


輝きを凝縮させた黒ラメ体外光と呼ばれるタイプも作出されている。

オーロラの血統の影響か、累代しているうちに黄赤系の発色を見せることもある。
こちらは埼玉『うなとろふぁ~む』での繁殖個体


部分的に黄赤の発色を見せる個体が得られていた。中には頭赤の表現を持つ個体もいた。この表現型はオスでは以前から確認できていたそうだが、累代して3年目にして、初めてメスで現れたそうで、長年かかり、やっとこの表現同士のペアでの採卵が始められるそうで、この先の結果が楽しみである。

『静楽庵』のオーロラ黄ラメ幹之や三色ラメ幹之など、黒ラメ幹之から進化していった美しいメダカはどれも美しい。黒の体色から、多色の姿を作り出す楽しみは、時間もかかるが、やりがいのある取り組みだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です