全身体内光の子ら

全身体内光の親

販売名としては“黒百式”とされていた。全体的に黒が乗るタイプではなく、“北斗”がかりの黒い色素が点在するようなタイプであった。体内光の具合としては、ややばらつきはあるものの、文字通り全身光っている個体から腹膜中心の個体などがいる。

子供達は腹膜中心のタイプが多かったが、光の範囲が広いタイプも得られた。

やや小ぶりだが、体内の光具合が最もよかった個体。腹膜から体後半にも体内の光が伸びている。


前の個体に比べると、体内光のギラギラ感は弱いが、範囲は広い。背ビレ付近には体外光も見える。このくらいの範囲で止まってくれればよいが、これが広がって行きすぎると、せっかくの体内光を隠してしまう。この後の成長待ちというところ。体外光持ちの個体はポツポツと見られる。


こちらは腹膜の光が強い個体。黄色がかった色合いのためか、よけいに目立つ姿をしている。体後半部の体内光は今のところ確認できない。


こちらも腹膜の光が強いタイプ。内膜が青っぽいためか、上の個体とは色合いが違う。こちらも後半の体内光は肉眼では見えなかったが、写真にするとうっすら出てきそうな感じもある。この後変化するかどうか。

これらのタイプは体内光の特徴をしっかりと表現していた。黒い色素も確認でき、“北斗”タイプの姿になるだろうことは想像できる。腹膜のみ光っているタイプは全身体内光によく見られる丸みを帯びた顔つきをしているが、先の全身タイプはややシャープな顔つきをしていた。メダカらしいと思うシャープな顔つきの方が好みではある。

そして、変わり種のような個体もわずかに見られた。

肉眼で見ていると、アオメダカのようなグレーの個体であったが、撮ってみると腹膜に薄緑のような色合いが確認できた。体の透け感は弱いため、このまま成長して、体内光がより見えるようになるかどうか??


飛び込んでいるようなことはないと思うが、体の後半部に蛍光色を見せるタイプの体内光と同じような発色を見せる個体もいた。ただ、これも撮ってみて顕著になった姿で、肉眼ではこの色合いは確認しずらい。これもこの後変化するのか見守りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です