女雛と夜桜

自分の中では柿色の頭で体は黒灰色というイメージになっていた女雛であるが、数を見ていくうちに、その表現の多さが女雛の魅力だと思うようになった。
こちらは先日お邪魔した浜松の猫飯で販売されていた女雛

若い個体たちであったが、しっかりとした柿色を呈していた。
その中からピックアップ

柿色の面積が広いタイプで。派手な見た目がよい感じである。
逆パターン

柿色がワンポイント的に入ったタイプ。
両極端ではあるが、好みは個人の自由である。
そして、こちらは猫飯の池谷さんが種親用にされていた女雛



ぱっと見、いわゆる女雛らしくない表現にも見える。
池谷さんにお聞きすると、「自分の好みは頭が灰色で体が柿色」ということで、多くの人が選ぶのとは逆のイメージを作りたいとのことであった。柄の好みは人それぞれなので、敢えて“The 女雛”ではなく、より変わった、面白い表現の作出を目指されていた。
もちろん女雛であるから柿色の色合いは当然として、模様の入り方は千差万別な楽しみ方があるのであった。

そして、女雛の兄弟的な存在の夜桜も泳いでいた。

黒灰色の体に散らばるラメが特徴であるが、こちらも様々な表現を見せる。ここでは、黄色体色のタイプも同時に出現しており、輝くラメがより派手である。

こちらも黄色と黒灰色の両方の表現を持つ姿を目指されており、今後作られていく姿が楽しみであった。
女雛と夜桜、このメダカは表現の多様さを楽しませてくれる品種だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です