体内光メダカ

体の中にあるグアニン層の輝きが特徴の体内光メダカ。全身体内光の注目度が高い中、こちらの古いタイプの方が個人的には好みである。

内臓から後ろの位置に独特な蛍光色の輝きを見せる体内光メダカである。
化学物質のような色あいは、少し作り物感をも感じさせる。横から見ると、この輝きはまったく見えないので、上見での鑑賞が本品種の魅力を最大限に引き出す。
こちらは体外光を持つタイプ

幹之の血統から、この体外光表現はしょうがないものであるが、幹之のように体外光を伸ばしてしまうと、特徴である体内光を隠してしまうことになる。そのため、体内光メダカは体外光をなくす方向で改良が進められた。
それでも完全には消されておらず、体外光を持つ個体は見られる。

ただ、ある程度ならば、よいアクセントになる。幹之であれば点光や弱光とローグレード扱いになるが、体内光メダカではこれぐらいの入り方をしてもよさそうである。
こちらは体外光なしのグループ

体内光の色あいは、蛍光の緑から青っぽいものや黄色、淡いオレンジとバリエーションが見られる。この色あいは、光の当たり方などでも変化するので、見ていて飽きない。
また、輝きの入り方にも違いが見られる。
くっきりと光が途切れているタイプ

緑から青の色あいで、昔ながらの体内光が見せる表現である。
光の境界が滲むようになっているものも

少し黄色がかっており、これが伸びれば全身体内光の表現に近そうである。
だるまタイプもいる。

これはこれで可愛らしいのだが、下半身が短いので、当然、体内光の部分も少なくなってしまう。

全身体内光のギラギラとした表現もいいが、このケミカルチックな表現も魅力を感じるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です