女雛を横から

先日入手した女雛

白勝ちなグループを水槽で見てみた。

横から見ると、さらに赤の入りが少ないように見える。上の個体は体の左側に少し赤が入っていたのだが、こっち側だとえらく地味になる。
また、横見だとこんなのも

上見だと分からなかったが、体形の乱れもすぐにわかる。これは外しだ。

頭の赤さで見ていた一匹

横から見ると

やはり、もう少し赤が欲しいところと、赤よりも柿色に持っていきたい。そして、上見ではあまり見えなかったが、体側のラメが結構入ってるのもわかった。

もう一匹見ていたのはこちら

体の方まで広がってはいるが、頭の柿色はいい感じか。
横見の方が柿色っぽさが出た。

腹ビレにも柿色が乗ってるのがアクセントになっている。少しまだ若いのだが、このメスに頑張って産んでもらおう。

おすすめメダカの書籍

メダカ百華 第7号

メダカ百華第6号

メダカ百華 第5号

メダカ品種図鑑 改良メダカ273

メダカ百華 第4号

メダカ百華 第3号

Pro File100 別冊 メダカの飼い方

メダカ百華 第2号

手に取るようにわかる メダカの飼い方

女雛を横から” に対して1件のコメントがあります。

  1. NPNB より:

    ここまで来ると、夜桜に黄斑が入り、女雛にラメ入りも現れて、夜桜と女雛の定義がぼやけて、何が何だか分からなくなるのは、初心者の僕だからですかね。

    1. 株式会社ピーシーズ より:

      NPNBさま、今回、ブラックダイヤ2019の記事でも書いたのですが、女雛も夜桜も、生まれてきたものが全て女雛、夜桜ではない表現なのに、その呼称を使って流通してしまうところが問題ではあります。売り手、買い手が各品種の特徴をしっかりと把握して、売るなり、購入するなりする時代が来て欲しいです。そのためにはまず、各品種の特徴、そして出てくる特徴のバリエーションの幅をどこまで認めるか?そういった部分も見ていかないといけません。作出者の意見がもっと尊重されるようになると良いんですけどね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です