深海とマリンブルー

改良メダカを鑑賞する際には、濃い色の容器、特に黒容器を用いることが一般的になっている。これはメダカが周りの環境に合わせて体色を変える保護色機能を持っていることに関係している。人気の三色メダカや多くのブラック系品種、体色の濃い品種などは、周りが明るい色合いであると、それに合わせて体色を薄めてしまう。三色の墨が淡くグレーになってしまうと、やはり鑑賞価値は下がってしまう。ブラック系では、スモールアイの個体は視力の弱さから周りの影響を受けずに体色を濃く保つが、それ以外は黒容器が必須で、周りに影響されず体色を保つ“オロチ”の登場は話題になったものである。
 そんな中、白容器で飼うことで魅力を発揮するメダカが、兵庫県の長岡龍聖氏の作出した“深海”と“マリンブルー”である。

“深海”

“マリンブルー”

 “深海”は、体内光を持つ幹之メダカの中に青緑色の光を持つ個体がおり、そこから幹之特有の体外光を取り除く形で選抜されたものである。体外光をなくすことに数年をかけているだけあり、固定率の高い品種である。

体外光がなくなったことで、内臓を包む内膜の青い輝きがより目立つ姿に仕上げられている。輝くような体内の青色が映える。

 “マリンブルー”は、青幹之スーパー光の中から、通常の青幹之メダカより全体が明るい体色をした“マリンブルー”の表現に近い個体がおり、その一匹に白幹之メダカを交配したり、より黒色素胞の少ない個体を選別し、この涼しげな姿へと固められた。呼称も特徴をよく表す魅力的なもので、人気も高いが、しっかりとした選別淘汰をしないと良個体を維持することはやや難しい。

幹之とはまた違った青みを魅せる。
白いタイプも見られる。

白幹之の影響か、プラチナのような輝きの体外光をしている。

2011年、“マリンブルー”の方が先に広く流通したため、“マリンブルー”の体外光をなくしたものが“深海”のように思えてしまうが、長岡氏が作出されたのは“深海”の方が先になる。
 どちらの品種も、その魅力を十分に楽しむため、黒色素胞を余計に出さないためにも白い容器での飼育が適している。試しに黒い容器に入れてみると、その姿はまったくの別種に見えてしまうほどである。

これはこれで良さを見いだすこともできるが、やはりオリジナルはしっかりと白容器で維持管理したい。

おすすめメダカの書籍

メダカ百華第6号

メダカ百華 第5号

メダカ品種図鑑 改良メダカ273

メダカ百華 第4号

メダカ百華 第3号

Pro File100 別冊 メダカの飼い方

メダカ百華 第2号

手に取るようにわかる メダカの飼い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です