10月14日、浅草にある『台東館』に集う、5人の広島福山、愛知岡崎のメダカ 2

いよいよ、明後日に迫った、アクアリウムバス

『めだか水彩五番館』が出品する改良メダカのラインナップが出揃った。

これはもう、皆さんに報告しておかなければならないと思い、出品するメダカの品種名を紹介しておこう。

まずは、『日本改良めだか研究所』、深川善正氏の出品されるメダカは、

◎極ブラックフルボディ2ペア
◎極ブラック2ペア
◎来光1ペア
◎万彩1ペア
◎万彩紅白1ペア
◎万彩1ペア+1匹(メス少し体外光のり)
◎オロチ松井ヒレ長1ペア
◎深川錦(透明鱗三色)2ペア
◎新商品 五金(ごきん)上級1ペア
◎新商品 五金(ごきん)1ペア
◎万彩
◎新商品 五金(ごきん)
◎青影1ペア+青影光体型1ペア
◎青影2ペア
◎来光 若魚1ペア
◎来光丹精1ペア
◎青手 オス1匹×メス4匹(内メス1匹光体型)
◎青手 2ペア+メス2匹
◎越前三色1ペア
◎女雛2ペア
◎青手丹頂1ペア
◎深川錦1ペア(透明鱗三色)
◎漁火1ペア
◎漁火1ペア+1匹
◎非透明鱗紅白 1ペア
◎錦ラメ2ペア
◎ジュエリー(栗神系紅白)1ペア
◎透明鱗紅白4ペア
◎来光ダルマ1ペア
◎極ブラックヒカリ禅1ペア
◎煌スワロー3ペア

岡崎の『葵めだか』さんからは

◎紅帝 普通体形1ペア+光体形1ペアのセット
◎オロチ天女の舞(小宮正城血統)
◎夜桜ゴールドタイプ
◎ウコンカブキ
◎紅三色カブキ
それぞれ複数のセットで計24セット

『あまぞんメダカ』さんからは

◎透明鱗三色(小寺)×7
◎乙姫×5
◎亀尾(華蓮×オーロララメ)×1
◎珊瑚(赤勝ち)
◎珊瑚(黒勝ち)
◎珊瑚
◎オレンジ外光(ミニオン)
◎珊瑚(紅白)
◎ラメ系
◎あけぼのラメ
◎極上紅薊(瀬尾)
◎極上の珊瑚

『日本めだかセンター』 上山幸延氏のメダカは

◎女雛×夜桜 10ペア
◎青幹之パーフェクト×スーパー幹之 11ペア
◎オロチ 1ペア

そして、そして、『栗原養魚場』からは

◎あけぼのペアが5セット
◎紅白透明鱗2ペアセット
◎鳳ペアが2セット
◎鳳 ♂1♀2が1セット
◎オーロラ系三色ペア
◎黒蜂系ペア
◎オーロラ系スワロー ♂2♀1
◎あけぼの ♂1♀2

関東初見参の品種も多く、価格も手頃!もちろん、トップレベルのペアは数万円するものもいくつか来るが、『あまぞんメダカ』の極上珊瑚のペアは、須賀さんが「売れずに戻って来て欲しい!」とか言っている個体!

来年用の種親探しにはもってこいだし、たとえ購入しなくても、「作出者の“本物”のメダカを見ておく」ことってそう滅多にないチャンスである。

広島県福山まで新幹線でいけば、往復で3万5千円以上かかる。それを東京上野で、しかも5人の著名なメダカの作り手の手から送られて来るメダカを一堂に見ることが出来る機会はそうはないのである。

是非、10月14日(日)は会場となる台東館にご来館いただきたい!

なんか、「ピーシーズがメダカを販売する」って思われている噂もあるようだが、お手伝いをさせて頂くだけ!あっ、端っこで今日から販売を再開した『メダカ百華第4号』、『メダカ百華第5号』もちょこっとだけ売ります(苦笑)

是非、美しいメダカを堪能いただきたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です