ヒカリメダカの稚魚

ヒレの形状が普通体形のメダカと異なるヒカリ体形のメダカ
こちらは1センチに満たない稚魚

背ビレがシリビレと同様の形になるので、小さな頃から違いが出てくる。
こちらは同じくらいの普通体形の稚魚

背ビレの付け位置はヒカリ体形よりも尾に近く、形も違う。
ただ、このサイズだと肉眼で区別するのはなかなか厳しい作業ではある。
こちらはさらに小さな稚魚

まだヒレの形成が完全ではなく、尾ビレと繋がった状態で、これから独立していく。
別パターンで

背ビレとシリビレはヒカリメダカの形になっているが、尾ビレは普通のメダカと同じもの。ヒカリメダカは2枚が癒合した菱形状の尾ビレになる。
こちらは成長不良

ウナギのような繋がったヒレをしているが、どうやらうまく成長できていないためである。こうした個体は小さく、他の個体に食べられてしまったり、うまく餌を摂れないなどで淘汰されていくことがほとんどである。

あまり小さいと選抜作業は骨が折れるので、1センチを超えて、体がしっかりしたくらいから行うくらいが良さそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です