メダカ卵を仕分け

自家産産卵床に付いた卵

ちょっと放置しすぎて、設置してから1週間越え。上から下までごっそりと卵が産み付けられている。
別容器に取ると、すぐにフ化仔魚の姿が見えるくらいなので、このままよりも卵を回収してフ化させることにする。

マットから取り上げた卵をひとまとめに。
メダカの卵には基質に絡みつくための付着糸があり、それのおかげで固まりになっている。

塊のまま、ガーゼの上に開ける。
そのままガーゼで包んで、もみ洗いするようにする。

ガーゼの表面が段々と色づき、汚れが落ちていき、付着糸も卵から離れ塊になっていく。
塊になっていた卵も一粒ずつバラバラになる。
バラけたのを確認して、白い容器に広げてみる。

発眼卵がはっきりわかり、フ化が間近なことがわかる。周りは生まれた間もない卵、一部に黒いダメそうなの…に見えるが、濃い色合いの上で見てみると

発生途中でダメになってしまったのか、白くなっている卵もある。
最後にもみ洗いでも取り除かなかった部分を弾いて終了。
これだけの日数産み続けさせると、フ化の時間もずれるので、卵の時点である程度分けて調整した。

ちと目にはツライ作業ではあるけれど。
右へ左へと発生状況で選り分けていく。

フ化間近の発眼卵グループ

数日のズレか、油球がまだ目立つグループ
フ化が3、4日ズレると仔魚の大きさは結構な違いになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です