シルバーラメメダカ

シルバーメダカは、もともと体側にラメを持っており、そこに注目し、より多くなるように選別淘汰されたのがシルバーラメメダカである。

シルバーメダカ自体は古くから知られる品種のひとつで、アオメダカのヒカリ体形を元にして作られた。アオメダカの持つグアニン層の輝きをより白くなるように改良され、体側の鱗にもこのグアニン層の輝きが入ることから、その輝く鱗辺を“ラメ”と呼び、その“ラメ”の輝きが散らばる姿から、“銀河”というニックネームでも呼ばれる。

こちらはシルバーメダカ、数年前にらんちゅう愛好家が育てられた個体である。

こちらはシルバーラメメダカ。ラメの入り方の違いがわかるだろう。
今回のシルバーラメメダカは、浜松の猫飯(ねこまんま)で行われたフェスタで入手したものだが、やはり一般の愛好家の方が作られたものである。
シルバーメダカ、銀河はヒカリ体形ということもあり、脊椎骨に曲がりが出ることが多く、かつ古い品種ということで、なかなか綺麗な個体を見つけるのは難しくなっている。渋い美しさのためか、派手な品種に押されて流通量もそれほど多くはない。しっかりとした個体を得られたなら、種親にして、骨格にこだわって繁殖させたい。

シルバーラメのメス
入手後の水の違いのためか、一時調子を落としてしまっていたが、しっかりと卵を持つようになってくれた。
ラメメダカは、体側のラメ模様から水槽など横から見る容器で楽しむことができるので、余計にしっかりとした骨格を持つ綺麗な体形の個体を選別したい。そして、ラメが増えたことで、上見でも楽しむこともできる。

シルバーメダカ

シルバーラメメダカ
派手さはないが、涼しげな美しさを見せる。この暑い日々の清涼剤になってほしいものである。
古くから知られる品種であり、この涼しげな美しさは絶えて欲しくない。よい個体を見つけることができたら、しっかりと選別をして系統維持したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です