楊貴妃透明鱗ヒカリ

『紅』、『篤姫』といった品種名が知られる楊貴妃透明鱗のヒカリ体形品種。発表されてから10年になる品種だが、今でも変わらぬ人気の高さを持つ。

透明鱗と言えば、エラが赤く透けて見えることが知られているが、今回の個体たちはどれもエラ蓋は透けていない。しかし、体やヒレの色の入り方などで透明鱗とわかる。

よく見ると、体には粉を吹いたような白い色素が点在しているのがわかる。

中には背中のヒカリメダカ特有の輝きが体を巻くように入る個体もおり、『銀帯』といった呼称で表現される。この表現にこだわって累代繁殖されていることもある。
こうした様々な特徴を持ち、ヒカリメダカらしいヒレの大きさから見応えのある姿も人気の要因だろう。
ただ、ヒカリメダカでよく見られる脊椎骨の歪みや曲がりが多いとも言える。体が透けているためより見やすいが、尾ビレに向かって伸びる脊椎骨が途中や尾の付け根付近で曲がっている個体がいるが、これは殖えた子供にも遺伝してしまうので、種親からは外したいところである。しかし、自分も見かけるたびにチェックをしているが、なかなか完璧な個体には巡り会わない。商業的に考えると、数を採らなければいけないために残さざるを得ないところもあるのだろうが、後々のことを考えると、入手して殖やす際には、しっかりと選別をしたい。「ヒカリ体形だからしょうがない」とは思わず、ここは妥協せずにいきたいものである。

卵を産んでもらうメスにはミジンコを与えてみた。

やはり生き餌への反応はよく、すごい勢いで追いかけていた。ただ、オオミジンコも食われてなるものかと不規則に泳ぎまくり逃げようとする。それでも軍配はメダカに。
口の幅いっぱいに近いのか、何度かくわえなおすようにしながら食べていた。そんな一生懸命な姿も見ていて微笑ましい。

楊貴妃透明鱗ヒカリ” に対して1件のコメントがあります。

  1. めだパン より:

    すみません先程のコメントにメルアド載せてませんでした(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です