黄幹之を交配

楊貴妃と並んでメダカ人気のトップを走る幹之メダカ。
多くの人愛好家が取り組むにつれ、幹之自体も進化が進み、さらにそれらとの交配からさまざまな品種が生み出されている。
特に多色幹之と呼ばれる二色や三色の幹之は他種との交配に用いられ、新たな品種を作出することにも重宝される。
黄色と白色の二色、黄幹之

この魚は日本改良めだか研究所の深川氏が殖やされているもの。

白い体色に黄色の入り方は個体ごとに様々。そしてラメが入っているものなどバリエーションが楽しい。
これをそのまま殖やすのは、本職にお任せするのが一番。
なのでお馴染み中里氏の白幹之を交配してみることにした。

目指す姿は黄幹之に体外光を入れることだが…
さてどうなるやら??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です