ヨツハモガニ

磯の潮溜まりには、擬態するカニの仲間がいる。
そのうちの一種がヨツハモガニである。

石灰藻が付いた岩にいるだけで見分けづらい姿をしてはいるのだが、頭部などに引っ掛けるための細かな棘を持ち、そこに自分で海藻を付けて、周りに紛れている。

モグモグしながら海藻を食べているかと思えば、ヒョイっと頭の上にハサミで海藻を持っていき、グリグリと押し付けていた。

出来上がった姿は

リーゼント風?
もっといっぱい付けるかと思ったが、水槽内に外敵がいないのがわかっているのか、これで満足してしまったようだ。

磯には、さらに全身に海藻などを付けるイソクズガニもいる。次はこいつを探してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です