磯のスジエビたち

めぼしい獲物が少ない磯でも、エビの仲間は必ずと言っていいくらい見られるポピュラーな生き物である。
その中でも特にメジャーなのがイソスジエビ

透き通ったガラス細工のような体に茶褐色の筋がたくさんはいる。脚や尾扇に入る黄色の模様もよく目につく。

筋の色合いが赤っぽい個体なども見られる。

よく似た種もおり、その名もスジエビモドキ

モドキと呼ばれるだけあり、そっくりではあるが体に入る筋が少なく、体つきも華奢な印象である。

そしてもう一種、アシナガスジエビ

筋模様も多く、イソスジエビとそっくりではあるが、本種の特徴は目の間から伸びる額角が長いこと。他の二種と比べて明らかに立派な角を持っている。

どれもよく似ており、磯で採集している時にはみんなイソスジエビのつもりだったりするのだが、水槽に入れてじっくり見ると違いがわかるものである。
こうした発見も楽しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です