ゴーストザリガニ 脱皮…なのに

まだ若い青系のゴーストザリガニ

次に脱皮をすればハサミもしっかり大きくなるだろうと期待。

頭胸甲と腹部の間が開いてきた。

脱皮が近いサインである。

よしよしと単独水槽へと移した。
慣れていないためか、しばらくはうろうろとしていた。
目の前で脱皮をするかとしばらく眺めていたものの、なかなか始まらない。
やがて動きがゆっくりになっていき、じっとするようになった。

いよいよか?と待ち構えるも始まらない。
残念ながら「これは帰宅すると終わってるパターンだな」と諦め気味になって出かけた。

帰宅すると…まだ始まってない?
いや、なんかいる位置も変わってない??
まさか?とつついてみたが動かない。
なんと絶命していた!(◎_◎;)

原因としては、脱皮間近の移動、移動後に見過ぎで落ち着かなかった、などが考えられた。

ザリガニが成長するために必要不可欠な脱皮。
落ち着ける環境で行わせなければいけないというオチである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です