ゴーストザリガニの脱皮

今朝、水槽を見ると、「あれ?脱皮するな!」と思う個体を見つけた。

頭胸甲と腹部の間が膨れているというか、気持ち離れているのがお判りになるだろうか?

頭胸甲も気持ちだが上方にズレてき始めている。

このまま待っていれば100%脱皮写真が撮れるのだが、この個体、撮影者の私をはっきりと認識しており、シャッターを切るとストロボが光るので、落ち着かない様子!

この個体はメスで、繁殖を狙っている個体の1匹なので、脱皮を失敗してしまっては困るので、ここで大人しく脱皮をしてもらうことにして、数時間、見ないことにした。

数時間待って見ると…

脱皮が終わっていた。無事に脱皮したようである。

脱皮が終わると、まさに「ひと皮剥けて…」、本当に綺麗な体になるのである。

脱皮殻である。

こうして、ひと皮剥けて、一回り大きくなりながら、ザリガニは成長していくのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です