ゴーストザリガニの子供

10匹ほどを個別に飼育しているゴーストザリガニの稚ザリガニたち

サイズとしては2〜3cm弱程度のまだまだ幼い個体たち
もちろん、またそれらしい色彩は見えていない。

一番多いタイプ

全体的に薄っすらとオレンジ色がかっているもの。
その中にごくわずかにいる色素がポツポツと見える個体

あとは

まだ色みのない透けた白っぽい個体

ゴーストザリガニは色抜けが特徴の品種。
果たしてこれからどう変化していくのか??
熱帯魚の人気種、鯉ベタも色抜け表現だが、子供は一旦赤や青などに色づいた後にどんどんと色抜けしていき、まだら模様になっていった。
さて、ゴーストザリガニは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です