“シーナンタナゴ”と呼ばれる、シノロデウス・ミクロレピスというタナゴ 2

先日、紹介させてもらったシノロデウス・ミクロレピス、最近は生きたシジミを縄張りとして、美しい婚姻色を現すようになってきた。

そして、1月11日に人工授精した卵が孵化した。

卵黄嚢にはっきりとした翼状突起はなく、やはりタナキア属などに近い孵化仔魚の外観をしている。

そして、1月14日に2回目の人工授精を試みると、今回は10個の卵を採卵することができた。
基本的にシジミ類に反応するシノロデウス、中二日で11個→10個は多めな気がする。

この後、この孵化仔魚が無事に浮上するまで、大切に管理していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVERMedaka9

メダカ百華 第9号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medaka7

メダカ百華 第7号

¥2,393(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認