ゴーストザリガニの交接

ゴーストザリガニをペアリングさせてみた。
オス個体

かなり白化が進んでいるが、胸部に青が入るベタで言えば赤白青のタイフラッグ(タイの国旗)カラーのタイプ。

メス個体

赤は爪先くらいだが、青白の鮮やかな個体。

野外のアメリカザリガニだと、産卵は寒くなる前の秋シーズンなのだが、温度が保たれている室内個体ではどうなるか?

案の定、オスはメスを見つけるとすぐにアピールをするが、このメスは準備ができていないのか激しく逃げまどうばかりであった。

選手交代で他のメス個体

青はほとんどなく赤紫系の表現

オスはやはりすぐに反応

このメスはその反応に応えた。
大バサミを伸ばし、伏せるような態勢をオスに向かってする。
オスはメスの大バサミを挟みながらメスをひっくり返し態勢を整えていく。

完全にひっくり返して交接態勢完成

この時は1時間経ってもこの態勢のままであった。

交接後、産卵まで三週間ほどはかかる。うまくいっているかどうか、楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です