オロスタキス

日本にも分布する多肉植物の仲間。
ツメレンゲ

園芸店の山野草コーナーで販売されていることもある。

ロシアから中国、日本に分布しており、耐寒性が非常に強いのが特徴である。その分、夏の暑さや蒸れには弱いので注意する。夏場の直射日光は遮光して避け、風通しのよい場所に置くとよい。水のやりすぎは即根腐れにつながるので、乾燥気味に管理しておくとよい。
オロスタキス・富士

ロゼット状に広がり、斑入りの葉が特徴的

気温の安定する晩秋には塔状に伸ばした花芽に多数の小さな花をつける。

ただし、花を咲かせるとその株は徐々に弱り枯れていくことがあるので、先に花芽を切ると、その断面から子株を次々と出すので、株を更新していくとよい。

子持ち蓮華

こちらはランナーと呼ばれるつるを伸ばし、殖えていく。ある程度密になったら、そのランナーを切り挿し木するとよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です