房総らんちうに喜楽らんちう、雨と金魚にまみれた三日間

午後9時現在、横浜には土砂災害警戒情報やら避難勧告やらが出ている。大雨洪水波浪警報もてんこ盛り。
超大型台風21号が猛威を振るっている。
10月だというのに、どういう気候なのか??
雨やら台風やらはなくはないが、最低気温が10度を切ったり、その前の週は汗ばんだり、雨が降れば梅雨時期よりも長雨続きだったりもする。こんなに品評大会が延期を余儀なくされるのも初めてかもしれない。
11月3日を間近に控えながら、悩ましい思いをされている方も多いだろう。
そんな週末、10月の第3土曜日は房総らんちう会の品評大会である。
房総といえば東部大会の支部対抗戦をぶっちぎりの成績で二連覇しているイケイケの会。
大会前日の金曜に雨の中、房総メンバー秋元さんの案内の元、お二人の方のお宅にお邪魔させていただいた。

古川さん宅

作本さん宅

お二人とも翌日の大会ではしっかりと成績を残された(^^)
台風前の雨もあったが、なんだかんだ終わった頃にはとっぷりと陽も暮れていた。
「泊まればよかったのに」と方々から言われたものだった(^_^;)

そして土曜。朝からもちろん雨である。
雨合羽を持ち、生麦海水魚 藤川さんの車で会場へ向かう。
当然のように雨の一日であった。

雨中の受付

雨だから台風だからと控える様子はいっさいない。皆さんカゴやらケースやら、次々と受付をされていく。
今回から受付時に写真を提示

雨のおかげで少々手間取ったか。

一瞬雨脚が弱まったところで開会、集合写真を済ませ、巻きで審査を開始。

親魚審査

親魚 東大関 君塚一博氏

西大関には藤川さんの魚が(^^)

二歳魚審査

二歳魚 東大関 船宝 務氏

審査場はテントの中

点数分けの舟は外なので魚係の方々は大忙しである。

当歳魚審査

当歳魚 東大関 古川裕昭氏

そして立行司には作本守聡さんが

前日に見ていたり、話をしている人の魚が結果を出すのは、やはり気持ち的に違う(^^)

会場が海際のため、風は付き物なのだが、さすがにこの日はケタ違いであった。

二歳の看板が倒れてる?
傘を手にして風景を撮ろうとするも、片手だと持っていかれそうになるくらいであった。
それでも皆さん、魚が上がれば洗面器周りに集まるものであった。

雨が降り続き風が強いと体も冷えるものだが

アサリ汁付きのお弁当が染み渡る。

そしてお土産までいただき(^^)

帰る頃には雨が一番弱まるというお約束な日であった。

そして日曜。
早朝から台風らしい強い雨風( ´△`)
土砂降りの中投票所に行ってから電車に乗り込む。
喜楽らんちう会の交換会へ。
喜楽メンバー木村さん宅にお邪魔するので、せっかくならその前にと、初めて来訪させていただいた。

駆けつけ一杯

喜楽名物の芋煮をご馳走になる。
これがまた美味しい!

その後で魚を見に( ̄▽ ̄;)


ずらりと並んだ洗面器。
種用はもちろん、会用にも楽しめる魚がゴロゴロ。
次々と札が入り、大盛り上がり。
メダカの出物も

会場は屋根の下だが、外は大粒の雨が降り続いていた。

閉会後には木村さん宅へ。

この時間が一番ひどい降りだったか?

なんにせよ雨と金魚尽くしな三日間であった( ̄▽ ̄;)
関係した皆様、ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です