またまた雨中、静岡県支部品評大会

この日曜は静岡県支部品評大会へ。
焼津らんちう会の第47回品評大会と兼開催となる。
朝イチの三島駅で飯島中部副本部長に拾ってもらい、イジられながらも楽しく焼津へ向かう。焼津を訪れるのは初めてであった。
ただ、この日は雨予報。全国的に天気が悪く、東部大会以来の雨合羽やら替えの服を用意していたものだ。

会場に到着。もちろん雨が降っている( ̄◇ ̄;)

焼津金魚センターの駐車場をお借りして開催されている。

店内には色とりどりの金魚たち

水槽を泳ぐ姿を眺めているのも、ちょっと懐かしい感覚である。

外では会員が持ち寄ったらんちゅうの売り立ても

これを目当てに来訪する方も多く、雨の中でも次々と車が入ってきていた。

降り続く雨の中、受付が進む

審査が開始。
二歳・親と当歳と二ヶ所で同時にスタート、

まずは二歳、それが終わると親の審査になる。

一次審査の後、六面審査が行われる。

進行もスムーズで、二歳の後ほどなく親も確定された。

親魚 東大関 横山甲子男氏

二歳魚 東大関 海野貴史氏

こちらは当歳魚審査

11月が迫っている時期でもあり、できあがった魚が集まっていた。

これを今日使うなら、手元にはもっといいのがいるんでしょ?
なんていう会話も盛り上がる。

当歳魚 東大関 鈴木和也氏

他の魚はこちらへ
http://nichiran.net/

順位が確定した魚は次々と展示の洗面器へ

もちろん雨は降り続いていた。

結局、一日中雨は降り続いていたが、傘を洗面器の上にさせばなんとかはなる。
ただし、風があると水滴が落ち、波紋のおかげで魚が変形する。
不思議といいポーズの時になるんだよなぁ(;´д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です