惹かれた品種 ”琥珀光“

 琥珀メダカの光体形品種である琥珀光メダカ

 琥珀メダカが紹介されたのと同じ時期に発表された、こちらも歴史ある品種である。琥珀メダカと同様に、尾ビレや背ビレのオレンジ色がかった色合い、頭部周辺の褐色味が魅力であるが、光体形であるため、よりヒレが強調され、その魅力を増している。


 上見で見ると、その褐色の強さがよくわかる。さらに尾ビレにしっかりと色が乗った個体は見応えが増す。

 光体形のメダカは、背ビレがあるべき場所にしりビレが位置することで、背ビレが尾ビレの方へと押し出され、尾ビレと癒合する。そのため尾ビレが普通体形のメダカよりも大きくなり、見応えあるプロポーションになる。

 水槽などで横から見ると、その菱形の尾ビレの特徴がよくわかる。野生メダカのようなシャープな体形も琥珀メダカの魅力のひとつでもある。累代する際には、こうした横から見た姿も意識して、選別淘汰をするようにして維持したい品種である。
 ヒカリ体形の品種は、ヒレの移動の影響で脊椎骨に曲がりが見られることが多い。この骨の形状は遺伝するので、種親には脊椎骨がまっすぐな個体を選ぶようにしないと、採れた子供が皆、骨曲がりということになりやすいので注意する。選別をしっかりとすることで、本来の魅力ある姿で残していきたい。


 琥珀メダカと同様に、しっかりとした体形の本品種は入手しづらいように感じる。骨の変形はもちろん、体がやや短いなど、体形のチェックは厳しくしたい。古い品種ではあるが、大切な系統でもある。体形に気を使い選別淘汰をし、日光に当てたり、色揚げの人工飼料を補助的に与えるなどしながら、しっかりと維持してきたい品種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

IMG_8691

メダカ百華 第9号(2021年6月25日重版分販売再開決定)

¥2,400(税込)
詳細を確認
IMG_6384

メダカ百華 第11号 (2021年5月27日より発送再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華 第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認