“黒百式”から体側の輝きを見いだす

全身体内光由来の“百式幹之”などから、より黒みの強い特徴を持つ個体を選抜累代したり、黒幹之などの黒系の品種と交配し、体内から滲むような黒みがかった姿で注目を集めている“黒百式”

白容器で上から見ると、黒というよりも、青黒さを感じる色あいである。この色合いは、他の多くの改良メダカのように黒バックにするとがらりと印象が変わってしまう。
この上見の色合いも特徴であるが、横から見たときの姿にも注目が集まっている。

“黒百式”を横から見ると、上見とはまた違った姿を見ることができる。体側に青みがかったグアニンの輝きを見せ、この点に注目して改良が進んでいる方向もある。


兵庫県『遊楽園』の“黒百式”。こちらはそれほど黒さの濃いタイプではないが、体側には輝きを見ることができる。ここから、さらに黒さを追求して累代が進められている。

透明鱗性の個体では、より黒みが際だち、その黒さも体表ではなく、体内の色味であるのがわかる。『遊楽園』の川島氏的には、全身真っ黒のような表現を目指したいとされていたが、市場の動向により、外光付きなど数タイプを殖やされてそれぞれのニーズに対応されていた。


埼玉県『北本の太郎』本間久徳氏の累代する“黒百式”。ひたすら黒くすることにこだわり、選抜累代することで、より黒みの強い体になっている。そして、腹膜付近の輝きをさらに強めようと異品種交配をされていた。


ハウスネーム“黒衣(くろころも)“と名付けたタイプ。“黒百式”ד緑光”による交配で作出された。体内から滲み出るような黒さを持つ体に、“緑光”由来の体側の輝きがより広がるように累代を進めている系統である。透けたような体を覆うようにグアニンの輝きが広がっている。


こちらはハウスネーム“天鵞絨(ビロード)”。“黒百式”ד全身体内光”の交配で作出された。『行田淡水魚』の黒みの強い全身体内光を使い、その黒みをより強める方向で累代されている。特に注目しているのは、顎下からエラ蓋にかけての黒さで、フルフェイスブラックと言える姿になっている。こちらも『遊楽園』の“黒百式”と同じように透明鱗性とそうでない個体とでそれぞれ特徴的な輝きを見せている。

エラ蓋の透けていない個体では、より黒みが増しており、体側の輝きも腹膜付近から体全体へと広がっている。

これら“黒百式”系のグアニンの輝きは、横から見ることで最大の魅力を発揮する。このような品種の魅力を楽しむには水槽飼育が向くと言える。こうした体側のグアニンの輝きは、累代を進めることでより特徴が強まってきている。全身が輝きに覆われる姿も夢ではないかもしれない。上見での鑑賞がメダカ飼育の主流にはなっているが、横見での品種にも注目してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

IMG_8691

メダカ百華 第9号(2021年6月25日重版分販売再開決定)

¥2,400(税込)
詳細を確認
IMG_6384

メダカ百華 第11号 (2021年5月27日より発送再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華 第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認