惹かれた品種 ”黒百式”

 全身体内光由来の“百式幹之”などから、より黒みの強い特徴を持つ個体を選抜累代したり、黒幹之などの黒系の品種と交配することで、黒みが増した姿に改良が進められた“黒百式”。その黒さは、単純に体色が黒いというのではなく、体内から滲み出るような黒さを見せる表現である。赤や黄といった色彩は持たないが、独特な雰囲気を醸し出す品種である。

『遊楽園』の“黒百式”

 透明鱗性で黒みの強いタイプや頭部に光沢のある梵天と呼ばれるタイプ、体外光を持つタイプなどがおり、市場のニーズに合わせて量産されている。単に“黒百式”と言っても、こうした様々な表現を見せる奥深さを持つ。

 全身体内光由来のため、当初は体内光の輝きを見せるタイプが多かったが、その黒みを増やす方向での選抜交配もされている。

『北本の太郎』さんの“黒百式”

黒い部分が広がり、体内光が見えないほどの姿に仕上げられていた。

 その黒さの上に体外光の光が加わることで、独特な青みを見せるようにもなる。

『めだかの里』の“黒百式”

 体外光の入り方は様々で、背ビレ付近だけに入る個体から幹之のように口先から尾までフルラインに入る個体まで出現するが、その評価は好みによって変わる。他の多くの改良メダカでは、太く濃い体外光が目指されるが、体内光メダカの場合、体外光が広いと体内の輝きを隠してしまうことになる。“黒百式”でもあまりしっかりと体外光が入ると、その黒さを隠してしまうことになるので、部分的な入り方を好む人も多い。

 それでも体内から滲む黒の上に体外光が乗ると、独特な青みを見せ、この青みをより強くしようと取り組む人もいる。

“黒百式”は、取り組む人によって黒さや体外光、色味、さらには上見だけでなく横から見た表現など、いろいろな方向から取り組まれている。その進化は年々進んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

MedakaShiiku

一歩進んだ 改良メダカ 育て方・殖やし方

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medahyaku10

メダカ百華第10号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVERMedaka9

メダカ百華 第9号

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medaka7

メダカ百華 第7号

¥2,393(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認