『河口湖メダカ』の交配系 “禅”ד鱗光”

先日、山梨県の『河口湖メダカ』坂木さんが進めている“鱗光”交配系を紹介した。
『河口湖メダカ』、坂木洋輔氏の作る“煌 part-1”、 “○○”ד鱗光”

もうひとつ、別の交配も累代が進められている。

“禅”ד鱗光”で累代されており、今回の個体たちはF2である。


こちらは普通体形のタイプ
鱗血統の光り方やヒレ光などがしっかりと表現されている。

青黒さを見せる個体も見られた。


こちらは“禅”の要素からのヒカリ体形のタイプ
ヒカリ体形でヒレ光やロングフィンの要素が入ると見応えがある。体側に散らばるラメもよいアクセントであった。


普通体形の中には、野性味溢れる印象の個体も見られた。
黒黄がかった頭部で、その後ろから入る体外光の色合いも独特である。ガッツリと入る体外光も見応えあるが、こうした表現も個人的には興味深い。

“禅”、“鱗光”それぞれの特徴を見せたり、両方の要素を持ったりとした表現を見せているF2の姿。「より黒く、よりヒレを伸ばしたロングフィンに」と取り組まれており、こちらも次世代以降の進化が楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です