パンダ幹之

透明鱗メダカは、体の虹色素胞や黒色素胞など一部の色素が欠如したことから、体内が透けて見えることで、内臓の黒さやその上の浮き袋も透けてみることができる。エラ蓋が透けることでエラの赤さが目立ち、ほお紅を塗ったような可愛さがある。そして、目の光彩が黒っぽいことから、「パンダ」と呼ばれることもある。

これはパンダ幹之と呼ばれる黒目の幹之

比較的古くから知られる品種で、グレイ幹之、グレイパンダ幹之などとも呼ばれる。

オーロラメダカとの交配で作出されており、頭部を見ると、オーロラ独特の模様を見ることができる。

幹之であるが、体外光が乗りにくい傾向があったが、きちんと選別累代されている系統では、しっかりとした体外光を楽しめる姿になっている。

これらは富士宮市の『めだかの里』のパンダ幹之たちである。

強健で飼いやすい品種でもあるが、色み的には地味な配色であり、最近では見る機会の減っている品種でもある。

ダルマになってもその特徴はよく表れている。

淡い白系の体に黒目がちな姿はよりパンダっぽいか?
派手さはないが可愛らしさも感じるしっかりと維持しておきたい品種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です