全身体内光の黒み

全身体内光メダカは、ギラギラとした金属のような光沢を見せる。

体内にあるグアニン層の反射光によるもので、このグアニン層は体内に薄い層のようになっているようで、横から見てもその輝きは確認できない。体色にも色味がないため、よりその輝きが目立つのが特徴である。
ただ、よく見ると体表には細かな黒い色素を確認できる。特に正中線上に見られるが、これは野生メダカなどでもよく見られ、他の品種でもこの部分が濃くなっていることは多い。その黒い色素に注目し、より黒みを強くしようという選抜交配を行う愛好家やブリーダーは数多い。同時多発的にこうした取り組みが行われ、様々な姿へと改良が進められてもいる。

岡山の小寺義克氏は全身体内光に“北斗”を交配し、独特な雰囲気の黒さを持つタイプを作出され、“小寺系全身体内光”として根強い人気を保つ。

こちらは川崎の阿部氏が累代する“小寺系全身体内光”

これを累代することで、黒みの強いタイプや黄色体色のタイプ、アルビノなどを作出されている。

黒さを増しつつ、体内光の特徴も併せ持つ姿を目指す。

こちらは“北斗”を作出された埼玉『行田淡水魚』の全身体内光

正中線の黒さが強く、このタイプを交配に用いた愛好家も多い。後の“黒百式”などの交配などにも影響を持つ。“北斗”と全身体内光を交配すると黒みが強くなることもご自身で確認されており、今後の進化も楽しみである。

全身体内光の黒みを強くする選抜交配を進めている埼玉『うなとろふぁ~む』のハウスネーム“巫(かんなぎ)”

正中線上だけでなく、全身に黒い色素を散らばらせる姿で、その下に体内光の金属光沢があるために、独特な雰囲気を醸し出している。

兵庫『遊楽園』の“黒百式梵天”

黒幹之から派生されたそうで、頭部の光沢と体表の黒色素が特徴。“百式”が知られているところから、その黒みで“黒百式”と呼ぶようにされた。累代が進むにつれて黒みが増しているそうで、最新版を見るのが楽しみな品種でもある。

“黒百式”は、全身体内光系の“百式”の知名度もあり、黒みの強さが特徴で注目度も高い。ただ、その姿のバリエーションもブリーダーによって様々である。

“黒百式”として販売されていた個体

正中線上の黒い色素は確認できるが、この程度だと普通の全身体内光の中でも見ることができる。その線引きは、少々曖昧になっているところも見受けられる。“黒”の名を冠するのであれば、やはりもう少しでも黒みは強くしたいところである。

“黒百式”には、もうひとタイプ見られる。それは体全体が黒く染まる姿で、もはや体内光はほとんど見えないほどである。この黒みは明るい環境でも薄まることはなく、よく見ると体表だけでなく、体内も黒みがかっていることがわかり、そのふたつの表現から独特な黒い姿になっている。

埼玉の本間氏の累代する“黒百式”

見事な黒さに染まる姿で、全身体内光とは別物の表現になっている。この姿をさらに洗練するものにするため、“緑光”や行田系の全身体内光を用いての交配をされており、こちらもこの先の姿が楽しみである。

これも“黒百式”に近い体内の黒さを見せるが、体内光の輝きも見ることができる。浜松『猫飯』が殖やされている“巫”

同じ“巫”由来でも、着眼点を変えるとまったく別物の姿に仕上がっている。

作り手によって体表の黒さや体内光の輝き、体内の黒さ、体側の輝きなど、こだわりはさまざまである。全身体内光の「黒みを強める」という交配から選択肢はどんどんと広がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

COVERMedaka9

メダカ百華 第9号 (9月15日より増刷分再販開始)

¥2,400(税込)
詳細を確認
OutsideCoverCatalog2

メダカ品種図鑑 II 改良メダカ352(2020年7月31日より発送再開予定)

¥2,400(税込)
詳細を確認
KINDEN36

金魚伝承第36号

¥3,700(税込)
詳細を確認
Medaka8

メダカ百華第8号

¥2,400(税込)
詳細を確認
Medaka7

メダカ百華 第7号

¥2,393(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka22

メダカ百華第6号

¥2,350(税込)
詳細を確認
KINDEN35COVER

金魚伝承第35号

¥3,700(税込)
詳細を確認
MDK5

メダカ百華 第5号

¥2,350(税込)
詳細を確認
Kinden34

金魚伝承 第34号

¥3,700(税込)
詳細を確認