全身体内光からの百式

そのネーミングからも人気の高い“百式”

体内のグアニン層による独特な輝きを見せる全身体内光メダカの一系統になる。

愛媛県『めだかのビーンズ』によって命名紹介され、当初の条件として
1.体内光(透明鱗により体内光に飛白の現象が起こる)
2.内膜光(透明鱗により内膜の光が確認できる)
3.背中に虹色細胞が点状に入る
などの項目があげられていた。
ただし、“百式”同士の交配でもこれらの条件を完全に満たす表現の出現率は高くないとされた。それでも先に紹介されていた体内の後半部が蛍光色っぽく光る“体内光”よりも派手な姿と魅力的な呼称により、盛んに殖やされてるようになった“百式”であった。

清水金魚の市場に出品されていた小野久仁雄氏が殖やされた“百式”

全身体内光で内臓の内膜が光り、体内光の部分が散らばり、背にも外光を持つというしっかりした表現を見せていた個体。

“百式”自体は、流通量も増え、入手しやすい品種になった。

様々な表現を見ることができる。体外光の多少や体内光の色合いなど、バリエーションは豊富で、好みの姿を突き詰めていくのも面白いだろう。
比較的、多く見られる体内光が途切れているタイプ


全身が埋まる姿から前半だけのもの、部分的に入る表現などが見られる。
体内光の色合いも、青緑系から黄系まど様々である。

黄よりもさらに赤みがかった個体もいる。さらに濃くできたら面白そうである。

体内の光も、よく見ると様々な色合いを含んでいる。

光の当たり具合などによっても見える色合いが変わることもあり、なんとも妖しげな雰囲気を持つ。多くのバリエーションがあるだけに、自分好みの姿を追い求める楽しみもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です