新“オロチ・プロジェクト” ブラックダイヤに体外光を乗せるために…

これは一年前、2019年2月に撮影した、神奈川県川崎市在住の中里良則氏オリジナルの、ブラックダイヤの2019年バージョンである。

ブラックダイヤが広く知られるようになったのは、その約一年前、愛知県岡崎市にある『岡崎葵メダカ』さんがブラックダイヤの一斉リリースをされた時で、その後も着々と中里氏は累代繁殖を続けられ、2019年バージョンは、「黒くて、ラメがしっかりと乗った」姿に作り上げておられたのである。

このブラックダイヤ、中里さんは更に累代を進められておられ、その姿は今月中に紹介できそうである。

このブラックダイヤ、2019年バージョンでほぼ完成した姿に達した…と思っていたのだが、中里氏は更に先を見ておられたのである。

それが、「ブラックダイヤに体外光を乗せる」という方向であった。

そのために、中里さんが2019年春から始められたのが、クリアブラウン×中里氏の幹之を交配されたF2で出てくる、オーロラ幹之を使われたのである。

https://piscesbook.com/archives/11297

クリアブラウン×中里氏の幹之を交配されたF1については、以前、このブログで紹介させて頂いている。

そのF2で出てきた中里系のオーロラ幹之とブラックダイヤ2019を交配されたF1がここから紹介させて頂く個体たちである。

ブラックダイヤの黒さは減少したものの、体外光が移行した個体もF1で見られた。

上見である。黒っぽさは横見より見やすいだろう。

体外光がしっかりと出ている個体は、オーロラ幹之にブラックダイヤから黒色が移行したタイプで、上見で見ても、少なくとも2タイプがいることが見て取れた。

中里氏は既にF2の稚魚を育成中で、さらに中里氏の思い描かれる“ブラックダイヤ体外光”に近くことだろう。

「今年の11月ぐらいには形になるんじゃない!?」と中里氏は言われておられた。

オーロラ幹之を作り始めてから2年間という時間をかけることで、“ブラックダイヤ体外光”が形になると予定されておられるのである。一つの系統を固めるまでには、中里氏でも2年を必要とするのである。

2年という時間は長く感じるかもしれないが、その時間をかけたことで形になったものは、やはり魅力のあるメダカになるのである。

その時を楽しみに待っていたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です