緑光の体内光

2017年冬に“新緑光”として紹介され、以降、注目を集めている緑色の色合いを持つメダカ。

“緑光”は、大元は全身体内光と黄幹之との交配から出現したとされ、その累代個体に浜松『猫飯』が白幹之を交配して進めたのが“新緑光”になる。
『猫飯』の“新緑光全身体内光”

“新緑光”作出過程で全身体内光の特徴を強く表したタイプ

その由来からもわかるように、“緑光”には全身体内光の血統も含まれている。

こちらは“緑光”発見者の神村氏の“緑光”

選抜累代されていることで、全身に及ぶ体内光が鮮やかな緑色の発色を見せていた。

バリエーションには全身体内光由来というのがよくわかる姿の個体も見られる。

神村氏と共に“緑光”作りを進めた『凸凹めだか凸凹』彩さんの累代されている“緑光”

メダカ本来のシャープな体形に作られているが、全身体内光の特徴もしっかりと刻み込まれている。

体内外の緑の色合いを伸ばすことで、人気を高めているメダカであるが、幹之由来の体外光が伸びることで、体内光を隠してしまうこともある。

好みは人それぞれだが、「“緑光”ならば体内光を持たないと」と意識して累代されているタイプも見られる。

埼玉『うなとろふぁ~む』の“緑光”


体内光を見せることを意識されていたが、その中から腹膜部分が赤みを帯びたような色合いの発光を見せるタイプも得られている。この色合いが広がっていけば、さらなる新しい姿になりそうであった。

群馬『上州めだか』の“緑光”


やはり体内光を持つことを念頭にされており、それを隠さないライン状の体外光とのバランスに気をつけている。

いろいろな特徴を持つメダカであるため、注目するポイントも人それぞれであり、そこにこだわって作り込む楽しみもある。発表以来、多くの人に飼育されている“緑光”。この先に現れるであろう新たなバリエーションも楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です