できるかな? “煌”作り

発表以来、人気の高い品種である“煌(きらめき)”。メダカ交流会inエヒメの垂水政治会長作出の品種で、「“女雛”の最終形」として、柿色表現の体に青光りする体外光を持つ美しい姿は、多くのファンを獲得した。

こちらは上州めだかの種親個体。来期に出てくるであろう子供達が楽しみな姿である。

ただ、人気も高いのではあるが、悩ましい一面も持つ。オーロラ血統の多色表現のメダカには、体外光が乗りにくいことである。基調色の淡い方が体外光が乗りやすく、濃い体色では体外光が乗らなかったり、見えにくくなってしまうことが多い。体色や赤の発色がよい個体だと体外光が見えにくく、色の薄い個体ではしっかりと入ったりする悩ましさ。そのため、“煌”の名が冠されていても、体外光のない個体の方が多いくらいでもある。
“夜桜”からの血統により、ラメ表現も受け継いでいるのだが、ラメが多くとも、それは体外光とはまた違う表現である。探してみると、しっかりと体外光の乗った“煌”を入手するのは、なかなか難しいということを実感する。

そこで、“煌”を作ってみよう!という試みである。
そのために2品種のメダカを用意した。
まずひとつは“煌ラメ”の呼称があるタイプ

黒灰色の体に柿色を持つ“女雛”タイプの姿で、ラメを持つ。体外光は持たないものの、これだけでも十分に見応えある姿ではある。ただ、“煌”としては、やはり体外光が欲しい。

これに体外光を入れるために用意した相方がオーロラ幹之

外見的にはオーロラ幹之であるが、実はオーロラ幹之に“女雛夜桜”系統魚を交配したF1である。見た目的には“女雛夜桜”を感じさせないが、その血には因子が含まれているのである。
単純に“煌”×オーロラ幹之とするよりも、一世代進めた有利さがある。


下の“煌ラメ”に上のような体外光を乗せることを目標として、まずは採卵である。

「手に入らないなら作り出す」
もちろん、言うほど簡単なことではないのだが、それをできる可能性があるのが、改良メダカの楽しみのひとつでもある。時間と手間のかかる作業ではあるが、自分のメダカを作り出す楽しみを経験することをお薦めしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です