パンダダルマメダカ

パンダメダカのダルマタイプ

ダルマメダカは、脊椎骨を短くする遺伝子によって生まれてくるタイプのメダカで、ほとんどの品種で見ることができる。


白や黄、赤や黒、幹之や三色などの柄物、ヒレ長など、様々なバリエーションが知られている。
寸の詰まった丸っこい体つきをしており、よちよちといった感じに泳ぐ姿はその体形も相まって可愛らしく、メダカ初心者からも人気の高いタイプである。

ダルマメダカのパンダになると、丸っこい体形につく黒目が目をひく。

明るい容器に入れてみると、より黒目が目立ち、派手さはなくとも、なんとも言えない可愛らしさを見せる。

そんなパンダダルマも、横から見ると、透明さの具合に差が見られる。

上から見ていると、すべてが黒目勝ちに見えるのだが、横から見ると、真っ黒な目の個体から普通目の個体などもいることがわかる。体の透け具合は透明鱗性を表しているのだが、虹色素胞の欠如具合により、目の光彩の色やエラ蓋の透け具合などにも違いがでる。

黒目勝ちな顔は、上からでも横からでも可愛らしい印象を受ける。

その体形から、あまり泳ぎは得意とは言えないが、だからこそダルマタイプだけでまとめていると、その姿だけでなく、独特なゆったりとした動きも楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です