パンダメダカ

体の虹色素胞や黒色素胞など一部の色素が欠如したことから、透けたような色合いを見せる透明鱗メダカ。

体内が透けて見えることで、内臓の黒さやその上の浮き袋も透けてみることができる。エラ蓋が透けることでエラの赤さが目立ち、ほお紅を塗ったような可愛さがある。

また、目の光彩が黒っぽいことから、「パンダ」の呼称もある。熱帯魚や金魚などでも「パンダ」と呼ばれる種がいるが、本家のパンダを筆頭にこの呼び名は人気が高い。
他の「パンダ」が黒と白の模様を持った外見をしているが、メダカでは、目の黒さが呼び名の由来である。


他のメダカのような黒い容器でも、その目の黒さはわかるが、やはり白など明るい場所で見ると、その特徴はよりよくわかる。

その可愛い印象から、古くから人気は高く、他の品種との交配も盛んに行われ、いろいろな体色の透明鱗メダカを見るようになっている。その中でも黒目勝ちなタイプはパンダメダカと呼ばれている。
楊貴妃タイプのパンダメダカ

透明鱗のため、独特な質感の体色をしており、やはり黒目がちである。

いろいろな個体を見比べてみるのも興味深い。

白パンダメダカでは、虹色素胞の欠如により、エラ蓋が透け、目の光彩もより黒目がちになる。

こちらの楊貴妃パンダでは、エラ蓋は透けているが、目の光彩は真っ黒ではない。

通常の目は黒目の周りが虹色に輝いていることから、違いは一目瞭然である。

同じパンダメダカの品種でも、その色素の持ち具合によって、黒目だったり、普通目に近かったりと差が見られることもある。上見では真っ黒に見える目も、横から見ると黒くない場合などもある。たくさん殖やして、上見用と横見用のグループ分けなどをしてもよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です