鯖(サバ)メダカ

静岡県浜松にある『猫飯』より、緑光系青幹之透明鱗腹黒として発表された“鯖(サバ)”

体内の黒っぽさに青みがかった背の色合いが映える独特な姿をしているメダカである。
その色彩から青魚をイメージさせることからのネーミングだが、知らずに聞けば、鯖は海の魚なのにメダカ?と混乱しそうではある。しかし、その姿を見ると、納得してしまうところもある。また、個人的にはどうも“鯖”の動きは独特な急峻さがあるように思え、そんなところもサバっぽいと感じた。

水槽に入れて、横から見ると

観賞魚用の蛍光灯の光があたると、各ヒレもさらに青白く光り、水槽でも楽しめるメダカだと思える。

個体によって表現の違いはあるが、このメスでは横からでも腹の黒さがわかる。

そして、容器の色合いによって、まったく違う顔を見せるメダカでもある。
まずは定番の白バックで見てみる。


明るい環境では、鱗一枚一枚の青みがかった輝きを見せ、涼しげな姿を楽しむことができる。普段の飼育で白い容器はあまり使わないかもしれないが、発泡容器など明るい色合いの容器であればこの姿を見せてくれる。

この同じ個体を、他のメダカ同様に黒いバックで見ると、まったく違う姿を見せてくれる。


背の体外光がより顕著に見え、さらに体内光もよく見える。白バックで見たときとは、また違った青みの色合いにも見える。

“鯖”そして、“鯖の極み”は、“緑光”そして、その“緑光”に幹之を交配した“新緑光”の中から出てくる似た表現のものを池谷氏が選抜して累代繁殖、特徴を固めたものである。

体内光を持つメダカは、このようにバックの色調でまったく違うイメージになることが多い。入手したのならば、容器を入れ替えてみて、その姿を楽しんでみるのもいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です