夜桜

夜桜は、愛媛の垂水政治氏が作出したメダカで、女雛とは同じ交配から導き出された兄弟関係の品種になる。柿色を追求した女雛、ラメを追求した夜桜という表現である。
発表当初の夜桜は、青灰がかった体にラメと体外光を持つ姿であったが、その後、多く見られるのは黒灰色の体にラメが散らばる姿になった。
 黒みがかった体色で殖やしていても、黄色がかった体色の個体も得られる。夜桜も女雛同様にバラエティに富んだ姿を見せる。やはり垂水さんにお聞きすると、黄体色や柿色の入るバリエーションも出てきていたそうだが、その中で垂水さんはあえて青黒の色合いに注目されたそうだ。女雛と同じく、夜桜もその人それぞれの好みとされていた。

今回の夜桜たち

どちらかと言えば、黄色タイプの群れである。


オス 元々の青黒い体色を感じさせない黄体色のタイプ。この色合いが増えてきている印象を受ける。


オス ラメは少な目。オーロラの血を感じさせるピンクがかった頭部で、部分的に黄発色を見せる。


オス 柿色とは言えないが、女雛に近い表現の個体。


オス 頭後ろに黄発色を見せる。ラメもそこそこある。


オス 一見、オリジナル夜桜に近い印象も受けるが、やはり黄発色を持っていた。


メス どちらかと言えば頭赤女雛タイプの表現。ラメ少な目。


メス これも黄よりはやや濃い色合いを部分的に持つ。


メス 薄いが頭部から体まで全体的に黄発色を見せる。


メス これも薄目の黄発色を体に持つ。


メス 背ビレとその周辺にくっきりとした黄が入り、ラメも目立つ。

これらはほぼ黄色タイプと言えそうなので、まとめての繁殖コロニーでもよいかもしれない。ただ、個人的には女雛とは区別したいことから、女雛っぽい表現の個体は外したいと思う。そして、できればラメ少ないのも外し方向で検討する。

たとえばこんなペア組

黄色の強いオスとやや薄いが黄の範囲を広く持つメスの組み合わせ。両者共ラメもしっかり入っている。より黄方向へ進めることができるか。


こちらは頭後ろに黄発色を持つオスと背ビレ付近にのみ黄発色も持つメス。体の青黒さを残しつつ、部分的に黄が入るような姿を想像する。

オリジナル夜桜の表現は、当然、しっかりと残したいが、この群れからは出る率は低そうでもある。
黄体色の夜桜で、しっかりとラメが乗ると、黄色の上に青いラメが映える姿で、特徴的でもある。夜桜黄タイプや黄金夜桜などの呼称も聞くが、いずれ新たなハウスネームがつくかもしれない。
好みの姿を追いつつ、新たな表現を意識できるのも楽しみのひとつである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です