食虫植物 ハエトリソウの種

ハエトリソウの花はひとつずつの花は数日でしぼんでしまうが、枝には複数の花がつくため、だらだらと咲き続けること1週間ほど。花が終われば、次は結実である。
すべての花が咲き終わってから2週間と少し過ぎたくらいか、黒く枯れた花の後に、種が確認できた。

黒い粒がぎっしりと詰まっていた。ただ、この枝では数個の花の分だけ結実していたのだが、枝によってはその結実率はだいぶ差が見えた。

この枝では、まったく結実していなかった。種のない花跡は、中身がないためしぼんでいた。この2本の枝はそう距離も離れておらず、受粉率がそれほど違うとも思えないのだが、極端な違いであった。

早速、種を収穫した。

ひとつの花跡からは20個ほどの種を得ることができた。この種は、取り外そうとすると跳ねるように取れるので、見失わないように白い紙を敷いたような場所で採取するようにした。
そして、実際のサイズがなにより小さい。

指の腹につけてみた。指紋のしわと比べれば、どれほどの大きさかわかるだろうか。
こんなサイズのため、転がってしまうと、あっとう間に見失ってしまうので注意したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です