全身体内光を横から見る

上見に特化したとも言える品種の全身体内光メダカ

体内のグアニン層や内臓を包む内膜が光を反射することで、独特な光り方を見せる。まさに全身が光るような個体から、虫食い状に光ったり、内臓部分が特に光るもの、光の色合いが違うものなど、いくつものタイプが見られる。

上見のバリエーションのメダカではあるのだが、水槽に入れて横から見ると、また違った姿を見ることができる。

全身体内光のオス

普通の体内光同様に、その光る表現は横からでは見えないのだが、全身体内光メダカでは、体はそれほど透き通ったようには見えない。そして、体表に青く輝くような部位が見られることが多い。
こちらはメス

特徴としては強いものではないが、また違った姿にできるのではないか?と思えるところもある。
こちらは緑光全身体内光

体内光の色合いが緑色を帯びているのが特徴で、発表以来進化し続けている品種である。緑光では、横から見ると、普通の全身体内光以上に別もののような姿を見せる。

青銀のような光沢がさらに強く表現されている。

こうした特徴が伸ばされていくと、横から見て美しい品種になるとも言える。ただし、そうすると特徴の体内の輝きが見えなくなってしまう。
上でも横でも楽しみたいのは欲張りなのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です