体内光を白容器で見ると…

独特な蛍光色の輝きを体内に持つことが特徴の体内光メダカ。

その特徴は、上から見ることと、黒など色の濃いバックで見ることで、最も美しく見える。同じ個体を白い容器に入れてみると、

あの輝きはどこへやら、まったく別のメダカのようになってしまう。体内のグアニン層が光を反射することであの輝きを放っているのだが、明るい環境ではかき消されてしまう。個体選びをする際にも、明るい容器やプラケースに入れてしまうと、あの特徴的な色合いが見えなくなってしまうので、個体選びをする際などに気をつけておきたい。

こちらは全身体内光メダカ

先の体内光メダカが内臓より後ろの体後半にグアニン層を持つのに対し、こちらは内臓を包む内膜も輝くことから、体全体が光り輝くタイプである。こちらも白い容器に入れてみると、

これも別印象の姿になる。ただ、体前半には、グアニン層とはまた違う、内膜の輝きをある程度は見ることができる。

そして緑光全身体内光

独特な緑色の発色を持つ全身体内光である。これを白い容器に入れてみたところ、


黒い容器では見えていなかった青い輝きが体側面に確認できた。
他の体内光メダカも容器によって別種のようなイメージを受けたものだったが、この緑光全身体内光の姿は、また違った驚きを感じたものだった。
多くの改良メダカは、明るい容器に入れると色が飛んでしまったりするのだが、こうした姿を見ると、また違った改良の方向にもつながるのでは?などと思ってしまったものであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です