セントポーリアという魅力的な鉢花 7

「春はいつだったんだぁ?」としか思えない暑さ(汗)

こういう時のメダカ飼育容器の管理は葦簀(よしず)などで遮光すること、そして、早め早めの水換えによって対処するのが一番である。「明日でいいや!」、「何とかなるだろう!」はこの暑さの中でのメダカ飼育には禁物である。

室内で栽培しているセントポーリアであるが、窓を開けて、なるべく風通しを良くしながら管理している。

ドイツからの葉挿し用の葉から芽が出てきたことは前回にも紹介したが、昨日、確認すると、新たに3品種が芽吹いていた。

こちらはRob’s Penny Anteという品種。この品種の芽生えは嬉しい!

これは
http://fialka-viola.ru/fialki-na-podokonnike/rob-s-penny-ante.html

こちらからの引用画像である。
こんなに綺麗な花が咲く品種は嬉しい限りである。

こちらはLittle Ebonyという品種

これは
https://ameblo.jp/iwatamhc/entry-12416201115.html

こちらからの引用画像である。色合い的には好みで、こちらも楽しみである。

これはTeen Thunderという品種。

https://pics.davesgarden.com/pics/2008/08/07/av_ocd_girl/4845f8.jpg

こちらからの引用画像である。ここまですごい株にならなくてもいいが、やっぱり成長が楽しみになる。

最初に紹介したLollipop Kidも3枚中2枚の葉から芽が出てきた。

葉挿しで芽を出した品種には、送られてきた葉と所有する品種のリストに赤丸を付ける。

これが『メダカ百華 第7号』の編集作業に追われる日々の唯一の楽しみだったりする(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


新着書籍情報(書籍注文はこちらから!)

MEDAKAPF03

Medaka ProFile Vol.003 五式、紅薊、乙姫 ブラックリムを持つメダカ(1月28日より発送開始)

¥1,000(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka16finish

メダカ百華第16号 9月27日より発送開始

¥2,400(税込)
詳細を確認
1115

期間限定 メダカ百華第11号から第15号 5冊セット

¥10,000(税込)
詳細を確認
IMG_6918

メダカ百華第15号 2023年5月25日頃より再販売開始

¥2,400(税込)
詳細を確認
MEDAKAPF02last

Medaka ProFile Vol.002 ブラックダイヤ&ブラックダイヤ交配系統

¥1,000(税込)
詳細を確認
Medaka14finish

メダカ百華第14号

¥2,400(税込)
詳細を確認
COVER1-4Medaka13finish

メダカ百華第13号(空輸分完売、6月23日より販売再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認
MedakaCatalog3

メダカ品種図鑑 III

¥2,400(税込)
詳細を確認
32F464FF-6C3D-4373-9B90-A388D7286A84

メダカ百華第12号(2021年12月28日発送再開)

¥2,400(税込)
詳細を確認