夜桜と女雛を合わせる

夜桜と女雛の掛け合わせとくれば、やはり目標は女雛体外光、“煌(きらめき)”である。
女雛のオスが余っていたところで、夜桜のメスと組ませた。

と、組ませるのは簡単であるが、結果が出るまでの道のりは長いものである。

こちらは、先日お邪魔した愛好家のぶりんさんが殖やされている夜桜×女雛の若魚の群れ

もちろん、これらはある程度選別されたものである。

お好みの面被り模様でキラリと光りを見せる期待できる個体


柿色が全身に広がり、ラメを持つ個体


まだらに模様の入る三色っぽい表現


黒い体にまだらに色が入る個体


明るい黄色の色合いの個体


ぱっと見は地味だがラメや隠れた色合いを持つ個体
などなど、非常にバラエティに富んだ表現が見られ、殖やしていて楽しめるものだろう。
ただ、のぶりんさんの魚はすでにF 5まで進められている。その間の選別淘汰があればこその姿である。もちろん、途中で単純な夜桜や色の乗らない女雛なども出る。その中からしっかり特徴を持った個体を選ぶなどして、自分のメダカを作りあげるのである。
のぶりんさんが煌として選抜された個体

目指したいのはこの姿である。

やはり、女雛に体外光を載せることでの煌である。ただ、女雛のような多色のメダカに体外光を載せるのは簡単にはいかない。ラメが載るところまではいっても、体外光となると率はぐっと下がる。
こちらはうなとろふぁーむの煌

割合としては女雛ラメの表現が多くなってしまうそうだが、煌として出すなら体外光表現は外せないとこだわられていた。

女雛の柿色にラメや体外光が載った姿は、美しく、人気が高いのは納得できるところである。しかし、その作出は簡単ではない。だからこそ、多くの人を惹きつけ、取り組む価値もある。その途中で出てくる中から、思わぬ姿を見ることができるかもしれない。それを固定して、自分のメダカを作る楽しみも味わってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です