“夜桜”のバリエーション

“夜桜”は、メダカ交流会inエヒメの垂水政治会長によって作出された品種になる。“女雛”の作出過程でラメを持つ個体がおり、そのラメを増やす方向で選別淘汰されたものになる。

下地にオーロラの血統を感じさせるピンクがかった色合いを見せる青黒い体色をしており、そこに散らばる鮮やかなラメが特徴である。

累代されることにより、ラメの入り方は多く広くなっている。

ラメの色合いも様々で、より派手な姿も見られる。
当初は“女雛”のような派手な色彩は持たない姿をしていたが、各地で殖やされるようになり、色彩を持つ様々な姿に進化している。

オーロラ系の顔の色彩を見せる個体

柿色に近い表現を見せる個体
この色合いを持つ個体は、やはり“女雛”と兄弟関係なのだとよくわかる姿をしている。

柿色が広範囲に表れている個体。こうなると“夜桜”の面影が感じられないくらいである。

金色がかったような体にラメが密集する個体。また違った雰囲気である。

黄色よりの表現でラメがほどよく並ぶ個体

しっかりとした柿色の頭赤。濃い体にラメが入り、こうなると“女雛ラメ”との区別が難しい。
そして、体の基調色にも変化が見られた。こちらは岡崎葵メダカで殖やされていた“夜桜”

まだ若い個体ではあったが、黄色の基調色になり、青いラメとの対比が目を惹いた。頭の色合いも濃くなりそうで、春にはより見応えある姿になりそうであった。

柿色のインパクトで“夜桜”よりも“女雛”の方を見ていたものであるが、こうして見ると“夜桜”のバリエーションも興味深い。この先も気になる存在になったものである。

おすすめメダカの書籍

メダカ百華第6号

メダカ百華 第5号

メダカ品種図鑑 改良メダカ273

メダカ百華 第4号

メダカ百華 第3号

Pro File100 別冊 メダカの飼い方

メダカ百華 第2号

手に取るようにわかる メダカの飼い方